介護付有料老人ホームと衛生面について

介護付有料老人ホームでは、施設に入る前に、手を消毒するなどの、消毒や病気、病原菌に対して、とても細かな設備をおこなっています。


これは、介護付有料老人ホームに暮らされている、入居者のおじいちゃんおばあちゃんの、健康を守るためであり、万が一、インフルエンザやノロウイルスなどが感染してしまった場合、とても大変な事態となるからです。

介護付有料老人ホームをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

そのため、出入り口や、部屋に入る手前などに、このような消毒スプレーが、訪れた家族も利用できるように、いたるところに設置がされています。


介護付有料老人ホームでは、このように、衛生面にとても気を配っており、スタッフさんたちはもちろん、上記のように、訪れた家族がばい菌などを、外から持ち込まないように、スリッパの消毒が定期的に行われていたり、食べ物について、お腹を壊しやすいような食べ物を、持ち込まないようにと、お願いがされる場合があります。

産経ニュースに関する最新情報はこちらです。

これは、もちろん、とても健康な状態の時には、何を食べてもよいのですが、お腹を壊してしまっている状態の場合に、アイスクリームなどを、家族が持ち込んで、それを入居者の方が食べてしまうと、悪化してしまう可能性がとても高いので、または、夏場などには、腐りやすい食べ物がたくさんあるため、スタッフさんから、持ち込みについて衛生面で注意喚起がされることがあります。

介護付有料老人ホームは、クーラーなどがきちんと整備されており、冬場も暖房などがとても暖かく、快適に過ごせる場所です。