介護付有料老人ホーム どんな種類

介護付有料老人ホームと聞いて普通の老人ホームと何が違うの?と感じるかもしれません。

では介護付有料老人ホームとは何でしょうか。

それは各都道府県から「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた老人ホームのことを指し、要介護者に対して介護サービス計画の基、入浴や排泄、食事などの必要な介護、さらに日常生活の健康管理や散髪、理容、また機能訓練をする特定施設のことを指します。

都道府県が定めた人員基準や設備並びに運営基準の条件を満たしているホームのことを介護付有料老人ホームと言います。

介護サービスは24時間体制でスタッフがお世話してくれます。

BIGLOBEニュースは絶大な支持を受けています。

食事介助、入浴、排泄介助などの日常生活の支援、また健康管理や相談などのサービスがあります。



入居対象者は施設によっても大きく異なりますが、60歳以上からが多いようです。介護付有料老人ホームの費用に関してですが、入居時に支払う一時金と毎月の費用があります。

入居時に支払う一時金に関しては施設によって大きく異なり、もし入居期間が短くなり退去することになった場合など、その一時金は個人または家族に返金されます。

しかしながら先ほども述べましたように、この金額や制度は施設によって基準が違いますので予め施設のケアマネージャーと相談することを強くお勧めします。事前の話し合いにより、大抵トラブルやストレスを多いに減らすことができます。

月額の費用も施設によって異なりますが大抵金額に大きな差が出てくるのは当人の要介護度です。どのくらいの差があるかも契約の際によく話し合い、適切な金額やプランに合わせて契約を結びましょう。

以上のことから介護付有料老人ホームを選ぶ際に少しでもお役に立てていただければ幸いです。

話題の介護付有料老人ホームの情報ならこちらを参考にしてください。